HOME>ホットトピックス>古いディスクではなくディンプルや電子制御されているものが適切

防犯の基本部分

住宅の至るところに付いていて、犯罪で最も狙われやすいため、防犯の要となるのが鍵です。札幌は北海道の中でも人口が多いので鍵の脆弱性が狙われるリスクが高く、より注意を払わなければなりません。そんな鍵にはいくつもの種類があり、最もシンプルな構造をしているのはディスクシリンダータイプと呼ばれるものです。構造がシンプルということはそれだけ簡単に破ることができてしまい、素人であってもコツさえ覚えると簡単に開けられます。そのため新しく導入する際にはすでに選ばれることがほぼないタイプですが、古くから設置されている場合はまだ現役のところもあります。

防犯性が高いタイプ

ディスクシリンダーと似たような構造をしていてより防犯性が高いものは、ピンシリンダーと呼ばれます。不正な手段では回せるようになる状態を見つけて維持するのが難しいため、札幌でのシェア率も高いでしょう。一般的なピンシリンダーの形状は縁部分に凹みが設けられたものですが、面の方に穴のように空いているものもあります。それをディンプルタイプと呼び、ピンの数が多く両面に付けられるので防犯性が格段に上がります。またそれら物理的に開ける鍵と比べてさらに防犯性能が高いのが、電子管理されているタイプです。カードや暗証番号など色々なスタイルがありますが、いずれも破るまでの切り口が見つけにくいのが強みです。

広告募集中