セキュリティー対策の目的での活用

鍵

近年、セキュリティー対策として鍵を交換する人が増えています。住居や店舗において、空き巣の被害を防ぐためには監視カメラの設置も大切ですがセキュリティー機能が高い鍵を使用する方法も有効です。例えば入口のドアや勝手口を、二重キーにするだけでも防犯度は高くなります。こじ開けるにしても二重キーになっていれば、手間がかかるので空き巣も諦めるのです。開けるのに時間がかかると、誰かに見られやすくなるでしょう。また最近では、ピッキングしにくいディンプルキーを活用する人も多いです。ディンプルキーの特徴は、ピンの数が多くてピッキングが困難になっています。非常にハイセキュリティーであり、鍵穴を破壊しなくては開けることができないほどです。ディンプルキーは作る費用も高めですが、その分防犯性が信頼できるので利用する人がたくさんいるのです。ディンプルキーに関しては、合い鍵も作ることが不可能なものもあります。マンションなどで使われるものは、スペアも作ることができてそこまで費用も高くありません。スペアを簡単に作られるのが不安であれば、登録制シリンダーキーにするという手もあります。所有者を特定登録して、所有者以外ではスペアを作ることができないようにしたものです。

建物や予算に合わせられる

鍵

ディンプルキーやシリンダーキーなどがセキュリティー対策として人気を呼んでいる理由として、まず挙げられるのは手軽に入手できる点です。スーパーやショッピングモール、駅前などさまざまな所に鍵屋さんは存在します。買い物に行ったついでなどに、手軽に立ち寄ってセキュリティーキーをオーダーすることができます。買い物をしている間に商品が出来上がり、すぐに利用できるので忙しい人でも便利です。知識がなくとも、プロの鍵屋に任せれば簡単に作ってもらえる点も魅力です。また一戸建てやマンション、店舗付き住宅など人によって住まいはさまざまですが、セキュリティーキーは建物に合った物が入手できます。一戸建て向きのきーもあればマンションでよく使われるものもあります。価格帯もさまざまで、自身の予算に合う鍵を注文できます。鍵屋さんと相談すれば、その住まいに最も適したセキュリティーキーを提案してもらうことができるでしょう。最近では認知症の住人の徘徊を防ぐためのキーも注目されています。毎日のように使用する鍵に関して工夫を施すことで、家族の身を守ることにつながることが何よりの大きなメリットと言えるはずです。

広告募集中